2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« ビールチャレンジ | トップページ | レア体験 »

2011年6月14日 (火)

中国語奮闘編

話は第二次マレーシア勤務時代です。

マレーシア工場は社内で最大の生産拠点となり、生産量に比例して次から次へと問題が発生し、多忙な毎日を過ごすこととなります。

オランダ時代はツーリングやスカッシュなど健全な趣味を満喫していたのですが、あまり娯楽もない途上国ではもはや「飲みに行くこと」が趣味と化していました。(^-^;

1年も経過するとすっかり地元のような感覚になり、そうすると外見も変わってくるのか一見では日本人には見えない風貌になっていたようです。

飲み屋の女の子なんかは普通に中国語で話しかけてきたので日本人だと伝えると「全然見えない」と驚かれることが多々。。。

イスラム教徒はアルコール摂取は禁止されていますので、現地の飲み仲間は必然的に中国系の友人になります。そんな環境も幸いしたのか、英語のときほど必死に勉強はしませんでしたが、なんとなく中国語が理解できるようになっていました。

そしてちょっとづつ飲み屋で中国語を使い、通じるとうれしくなって機会があれば積極的に中国語を使い始めるようになります。

会社の若い衆(中国系のマレーシア人)とよく晩飯を食ってそのまま飲みに行ったりしました。
会社では英語しか使わないのに夜の世界では何故か中国語で会話するようになり、それが楽しくてまた飲みに。。。の繰り返し

当時は飲み屋のホステスにとっては「日本人=たくさんお金を使ってくれるとってもいい客」
という方程式で日本人であるというだけでモテました。
(↑モテているというのかどうかは疑問でもありますが)

街では英語が通じるとはいっても飲み屋のホステスをしている女の子なんかは英語は得意じゃない子もたくさんいしたが、そういう子にとっては多少なりとも中国語がわかる日本人は絶好の客でありモテ度も全然違います(^-^)

相手の目的はどうであれ若い女の子にチヤホヤされて悪い気はしませんし、他の日本人に大きな差(何の差だw)を付けれるということもありこのような不純な動機でどんどん中国語が上達していきました。

マレーシア(とシンガポール)で使われる中国語について
中国語には色々な種類があるのですが自分が学んだのは一番基本の北京語です。現地では「華語」と呼ばれていました。
中国本土では「国語」と呼ばれていると思います。
ほとんどの中国系の人は北京語プラス何かしらの方言を話せます。
シンガポーリアンは福建語、マレーシアンは広東語の割合が多かったと思います。

ちなみに一番のお気に入りだった女の子はクアラルンプール出身で広東語使いでした。
(↑どうでもいい情報)

こんな調子で帰国する直前にはかなり上達した感があったのですが、それは自分の勘違いで英語と中国語をごちゃまぜで使っていたようです。

これは後に台湾に行ったときに思い知らされました。
それから「話せるけど、書けない&読めない」状態でした。
これが早々に忘れてしまう原因だったのかもしれません。

教訓:男は女にモテるためなら何でもできる(^^)

ではっ!

« ビールチャレンジ | トップページ | レア体験 »

コメント

現地に住むと、僕でも喋れるようになるんですかね〜。。。誰でもってことではないんでしょうけど、耳は慣れてくるんでしょうか?生のスピードラーニング!w

今回のようなブログ内容が好きだな〜。。。って言っちゃダメ?かいつまんだ話しより断然面白い!
(すみません!言いたいこと言って)

教訓。
これには、もうね、激しく同意せざるを得ないですねwww

でわ!

>現地に住むと、僕でも喋れるようになるんですかね〜。。。

まったく努力なしではどうかと思いますがある程度若いときに1年くらい現地に住んでそれなりに勉強するとなんとなくわかるようにはなると思います。

自分がラッキーだったのは20代の頃にそのような環境に身をおくことができたことだと思います。

正直、この歳になって外国に1年住ませてやるから覚えろ!っていわれても自信はないですね orz

>今回のようなブログ内容が好きだな〜。。。って言っちゃダメ?かいつまんだ話しより断然面白い!

ありがとうございます。
いつも面白くまとめられるといいんですがなにぶん才能がないもので(汗)

頑張ります(^^;)

では

あ〜、失礼なこと書いてすみません

もう少し書き方があるだろうと考えたんですが、ぜんぜん思い浮かばないんですよ!歳は取りたくないです。
歳のせいにしちゃいけませんけど....。


悪気はないんです。


だから、人のこと言えないんですよね。。。

すみません、反省しています。

あの時は......なんか......そんな怒ることでもないのに、何故かカチンと来てしまったんですよね。。。

あとから恥ずかしくなってしまって。。。

改めて、あの時はすみませんでした。

と、ずっと言いたかったんです。

>あ〜、失礼なこと書いてすみません

ん?何も失礼な事はありませんよー!

ってやっとikeさんが誰なのかがわかりました。

はじめにコメントくれたときは別の方だと思い込んでいたんですが、途中からなんとなくikeさんはもしかして。。。って思っていたんですけどね(^^)


こちらこそその節は申し訳ありませんでした。

ということでこれからもよろしくお願いします。

フリージアさん、こんにちわ!

フリージアさんのことだから、そう言って頂けると確信していましたがww 
僕だと分かっていなかったー!マジですかー!
すっかり”ike”で理解してくれていると思っていました(^^;)
分かった途端に態度変わったりしないですよねwww

またですっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502014/51940712

この記事へのトラックバック一覧です: 中国語奮闘編:

« ビールチャレンジ | トップページ | レア体験 »