2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« レア体験 | トップページ | 週末はマレーシア »

2011年6月16日 (木)

シンガポールの食事情

最初に日本を離れてから3年が経過した頃、本社の総務の人から海外駐在の任期の延長についての依頼を受けました。

どうせ断っても説得工作されますし、担当していた業務内容なんかを考えると現実的には断れません。
何よりそれほど日本に帰りたかった訳でもなかったのですんなり了承しました。

この時は確か「じゃあとりあえずもう1年」という感じだったと思います。

そして同じ頃、シンガポール支社の責任者(現地法人の社長)が交代となり新しい社長が赴任してきて、その方が赴任早々組織変更みたいなことを実施して俺はマレーシア拠点の配属からシンガポール拠点に配属変更となります。

拠点はシンガポールになりましたが、仕事でちょくちょくマレーシアに行くことになり、わざわざ配属変更する必要はなかったんじゃないかと思いましたが、電話とFAXしか通信手段がない時代でしたので顔を合わせて指示をするということも大事だったのでしょう

シンガポールのワーキングビザ(通称グリーンカード)を取得し、出入国時の面倒な手続きから解放されたのは嬉しかったです。

ということで前置きが長くなりましたが今回はシンガポールでの食事情について少々

寮で日本人2人での生活でしたので朝はパンとコーヒーなど日本の日常と同じ

昼は会社の近くにたくさんの屋台が営業している場所(ホーカーセンターと呼ばれていました)がありそこへ行きランチメニューです。

まず皿にご飯を盛ってもらい、食べたいおかずを選んで同じ皿に乗っけてもらいます。

揚げ魚とか野菜炒めとか適当に何品か選んだあとレジ(といってもその場にいるおばさん)に提出するとおばさんが品目をじろっと眺めて「3.5ドル」とか「4ドル」とか言うので言われたとおりの金額を払うシステムです。

当時のレートは1シンガポールドル=70円くらいでしたので1食300円弱ですね
(記憶違いでもっと安かったかもしれません)

夜も同じくホーカーセンターですが、数人で一緒にいって本格中華にビールを飲んで一人1000円くらいだったかな?

屋外の屋台ですのでそんなにきれいではありませんが衛生管理に問題はないと思います。

味に関してはランチメニューはイマイチでしたが、夜バージョンの中華はとても美味しくて大好きでした。

シンガポールでは高級中華レストランに行く機会も何度かありましたがそのようなところはマジで激ウマです。(*^-^)

あまりグルメ志向はない俺でも、はっきりと違いがわかるほど美味しかったです。

フカヒレやアワビはもちろんですが春巻きでさえも、こんな美味い春巻きあるの?ってくらい感動した記憶があります。

あと食事情ではないのですがテイクアウトのジュースを買うと(店によっては)紙コップではなくビニール袋にいれてくれるんです。
(金魚すくいでゲットした金魚を入れてくれるビニール袋みたいなやつです)

でもってそれにストローを差して飲むんですが、シンガポールは先進国に近い生活水準なんでオフィス街で働く女性とかはビシッしたスーツを着たビジネスウーマンです。
そんな素敵なレディがビニール袋に入ったジュースを持ち歩いている姿が妙に物珍しくて何故だか印象に残っています。

« レア体験 | トップページ | 週末はマレーシア »

コメント

フリージアさん、おはようございます!

シンガポールで本格中華。それも屋台?
なんかイメージ出来ないな〜......連想する食べ物もないんですけどね。
とにかく中華が美味しそうですね!読んでるだけでヨダレが出て来ました(ジュワッ)
ホーカーセンター!憶えておきますっ!

シンガポールと言えば。
赤道付近で、国土が狭くて、マーライオンが口から水出してて、街はゴミもなく綺麗!(ツバを吐くだけでも罰則があるとか!?)外国企業がひしめき合っている(法人税が安いからだったかな?)こんな知識のみ(^^;)

最初の会社では海外勤務があったんですよ!
希望すれば行けたと思います。
でも、基本ODAの工事なので、アフリカとか発展途上の国ばっかりだったんですよね〜。治安が悪そうだし、何より日本に帰ってきた時に使い物にならないんですよ。
材料も工法も全く違っていたり、技術的に相当後れていますから。反対に日本は日々進んで行くので、その差が開く一方です。だから、日本に戻ってきても、社内的には使い物にならないヤツ!ってことに(>_<)
ずーっと海外要員としてのレッテルが貼られてしまうんですよね。
海外勤務。一度は真剣に考えたんですけど..................フリージアさんの話を聞いてると・・・・・色んな思いがよぎります。


つかぬ事をお聞きしますが、フリージアさんは現在も同じ会社にお勤めなんですか?

でわ!

ikeさん、こんにちは!

>とにかく中華が美味しそうですね!読んでるだけでヨダレが出て来ました(ジュワッ)
> ホーカーセンター!憶えておきますっ!
シンガポールの中華は旨かったです。機会がありましたら、是非!
毎日脂っこいのはどうかとも思いますが、ビールとウーロン茶でうまく中和させてました(笑)

>シンガポールと言えば。
まったくその通りです!
ツバが罰金だったかどうかは不明ですが、たばこポイ捨ては$500(35000円から40000円)の罰金でした。

屋内でタバコが吸える場所はほとんどなく(飲み屋は別)自分は当時喫煙者だったんで「喫茶店でコーヒー飲ながらタバコが吸えないなんてなんて不便な国なんだ」と思いましたよ!
滞在中にチューンガムも(街が汚れるという理由で)国内で販売禁止になったような記憶があります。

>最初の会社では海外勤務があったんですよ!
たしかにアフリカとかだと相当な勇気がいりますよね!

> つかぬ事をお聞きしますが、フリージアさんは現在も同じ会社にお勤めなんですか?
これは後に記事にする予定ですが、今は別の会社に勤めています。
ちなみに当時の会社は現在存在しておりません(^^)

では

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502014/51963725

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールの食事情:

« レア体験 | トップページ | 週末はマレーシア »